BLOG NEW TOPIC

暑中お見舞い申し上げます
長い梅雨のトンネルを抜けると、そこは灼熱の国だった・・・川端康成と違い、ロマンも風情も無い。ホント暑すぎて、クラクラしそうな一日でした。コロナより深刻に感じてしまう・・・不謹慎?でもこの暑さも、命にかかわります。年ごとに、熱中症対策のグッズが様々に出てきます。あれこれ試すのもよいかもしれません。ホリーも店長職、お休みです。「つまんない・・・」
ひねくれタロウも11歳
呼んでも無視するかと思えば、しつこいくらいにつきまとって甘えて来る・・・。今日はタロウの誕生日。ホリーが京橋川で、小さな黒い物体を見つけて11年が経ちました。お母さんを一生懸命呼んでいたタロウ。聞けば2日くらい前からそこにいて、鳴いていたと言います。雨に濡れ、低体温で動けなくなり、目ヤニで目が開かず、身体中ノミがびっしりで、弱っていたタロウ。ホリーが必死に育てたタロウ。あっという間に我が家のアイドルになったタロウ。今でもクルクルと表情を変えるような黄緑色の瞳で、時に皮肉っぽく..
私は怒りの犬公方
この本のことをご存知の方は多いと思います。「ある犬のおはなし」以前本屋さんで見かけた時は、購入する勇気を持てませんでした。それほどまでに、悲しく、情けなく、心に大きなシミを作ります。でも、この悲しいシミを抱えていく勇気は必要。知らないふりは卑怯です。多くの犬や猫が殺処分されている現実は、もうほとんどの日本人が知っていることでしょう。そして犬の場合、多くは飼い主の放棄による殺処分です。ペットショップで「いや~、かわいい~~」と能天気に飼い、「面倒になった」「仕事が忙しくなった」..
ステイホームはドラマで乗り切れ
とりあえずアマゾンプライムには入っていて、これで何となく間に合っていたのですが・・・。長引くコロナ禍で外出も控え気味になり、ステイホームでますます需要が高まったインターネットでのドラマ配信。ひとつだけでは物足りなくなりました。皆さんどこと契約してるの?hulu?パラビ?Netflix?FOD?春馬くんのドラマは絶対観たいので、FODやパラビは入るか・・・。でも基本アメリカのドラマが好きなので、hulu、Netflixも外せません。最近のアメリカのドラマは増々オシャレ、一層豪華..
テレビの役目、テレビの力
テレビって一時期ホント観なくなっていました。面白くなかったもん。私が観るといえば、BSの旅番組や歴史解説ものなど、非常に限られていました。「ボク、世界ネコ歩きは大好き」そうだったね。でも、最近ドラマがまた盛り返してきたな~という印象を受けています。「麒麟が来る」や「半沢直樹」など、重量感たっぷりのものや社会派ドラマ、ラブコメも脚本が良いと楽しいものです。三浦春馬さんが亡くなって、その事を引きずるように動画配信サイトでは、彼の過去のドラマや映画が上位に来ているそうです。私も観て..
コロナに天気にもう大変!
午後から水しぶきをあげての運転となりました。雷も鳴り、ワイパーもハイスピード。排水が追い付かないのか、道が川のようでした。水陸両用車でも運転している気分。「なにをのんきな」のんきはあなた!プリンターからどいて。もうすぐ8月というのに、梅雨めいて雨模様が続く毎日です。日照不足の今夏、野菜が高騰するとのこと。今朝の散歩・・・川が煙っています。凄い霧・・・怖いくらいです。コロナに天気に・・・なんて年でしょう。「え?いつも通りだけど」そりゃムーはね。
空にいる人
6年前の朝、夫は帰らぬ人になりました。七回忌を迎え、あっという間のようで、数えきれない様々なことが・・・。6年経っても、友人から送られて来るお花。パパらしいね。遺体の側から、離れなかったホリー。ショックを受け、深い悲しみの中にいたホリーの心も、少しづつ癒えて・・・6年とは、そういう時間です。いつもどこかに気配感じているホリー。どこにもいないなと思っても、空から見てるから。
アートで心奮わせて~ウッドワン美術館にて~
4連休はあいにくのお天気でしたが、雨に濡れた山の景色は素晴らしいのでは・・・と吉和のウッドワン美術館を目指しました。開催していたのは「SouMaの美しき世界展」立体切り絵なのですが・・・信じられない技術。エッフェル塔も超技巧です。紙とカッターナイフのみで作り上げる髪の毛・・・神業。紙・髪・神・・・って洒落ではありませんが・・・。どうやったか想像もつかないアート。SouMaさん、小学生の時の作品。まさに、栴檀は双葉より芳し。コロナ禍の中、アートは心を奮わせます。ホリーも比治山の..
三浦春馬という生き様
現在は治癒しましたが、私は長い間片方の耳の鼓膜に穴が開いており、聞き取りにくさに難儀していました。ドラマなどで、俳優が話すセリフがクリアに聞こえないこともしばしばで、あんまり観なくなっていました。低い音が聞き難かったので、ぼそぼそとしゃべる男性には閉口していたものです。きちんとした俳優さんはトレーニングをされていて、低音でもはっきり聞こえます。でもアイドル主演となると(偏見ですが)聞き難く、お年寄りのイライラの気持ちがよく分かります。「自分も年寄り・・・」三浦春馬さんは若く、..
命日のひまわり
お花をいただきました。夫の命日が近づき、届けてくださいました。あの時咲いていたひまわりも、花束の中にありました。青い空に黄色いひまわりが揺れ、その突き抜けたような明るい光景は、深い闇のような悲しみと対照的でした。悲しいけど、悲しいけど・・・「生きろ」・・・そういわれている気がしました。暑い暑い夏。寄る年波に、暑さは年々堪えます。でもその厳しいほどの生命力を感じ・・・今日も明日も生きていきます。
心迷わす心
土曜日に雷のように轟いた、三浦春馬さんの死。あれからずっと「WHY?」の嵐です。何故・何故・何故・・・?憶測は飛び交い、謎ばかりが募ります。こんな風な逝かれ方、家族も友人も仕事仲間も、ずーっと引きずってしまいますね。田舎のおばちゃんの私さえ、こんなに引きずってしまい、三浦春馬さんの作品を観ようとし、でも観る勇気がまだ持てず・・・。多くの人がそんな感情を持ったそうで、テレビでも若者への警鐘として厚生労働省の相談ネットを紹介しています。生きていれば「死にたい」とか「死のうかな」と..
なんで・・・?~三浦春馬さん~
この人は近い将来NHKの大河ドラマの主役になるんじゃないかな~?と思っていました。三浦春馬さん・・・嫌味のかけらも感じない爽やかなイケメンぶりと実力。歌もダンスも、映画もドラマも舞台も・・・着々と実績をつけていて、一年間の主役もいつでも来いって感じだったのではないでしょうか?歴史大好きおばさんとしては、勝手にこの人が演じる武将を夢想していました。小早川隆景とか石田三成とか・・・知的な武将がいいなあ~・・・。若い人にもご年配にも好感が持たれそうな容姿と笑顔も、高いポイントでしょ..
タロウのパソコン占拠
あ、調べなきゃいけないことがあった!あれ・・・?「ZZZ・・・」パソコンが占拠されていました。ねえ、ちょっとどいてくれない、急いでるんだけど・・・。「ゆっくり眠ってるから、そのままにして上げて」そうねえ~、起こすのもかわいそう。早めに会社へ行って調べよう。「行くの・・・?」
前向きに、前向きに
今日は福祉用具供給協会・広島県支部の会議。コロナ禍で良い話はあまりありませんが、それでもこの時期のサービスをいかに充実させ良いものにするか話し合われ、前向きな気分になりました。新しい機種も登場しています。各種補助も紹介され、未来を見据える気持ちになります。ICT導入の支援の話もありました。各自タブレットやモバイルプリンターを渡しているのですが、もっと充実したものにはしていきたい。私の苦手分野ですが、そうは言っていられません。「前向きに、前向きに」せっかく補助金を出してくれると..
長雨のお散歩
いつもはチョロチョロとのどかな音で流れている小川が・・・ゴーっという大音響で流れていました。いつまで降るのでしょうねえ・・・。少し小雨のうちに、急いでお散歩。「急ぐなんてヤダ」こんな雨の中でもマイペースです。