BLOG NEW TOPIC

白い花と夫とヒュッゲ
朝市でドッサリと利休梅などの白い花を買いました。さあ、あちこちに飾ろう!玄関には白い花器に白い利休梅。玄関奥の窓辺は野イチゴと利休梅をナンタケットに。飾り棚には新入りのホルムガード・グラスに利休梅。テーブルも・・・。沢山の色があるのを嫌う娘も納得の白とグリーン。ダメ出しが無くって、ホッとしました。爽やかな季節の到来には、爽やかな白い花が似合います。会社の入り口付近にはミニ薔薇と利休梅。自慢の木の車椅子との相性も良いです。この木の車椅子は使えるものなのですが、持ち運びには重く、..
ホリーの定位置のウサギちゃん
弊社で店長業を務めるホリーの定位置は、私の席の横。しかし、最近は体調のせいか眠ってばかりです。ウサギちゃんは、お気に入りのぬいぐるみ。感触が気持ちいいのか、顔をうずめています。でも週二回の点滴にお薬・・・少々疲れたかな?お仕事は早々に終了して、ゆっくり休んでください、店長。ポツンと寂しそうなウサギちゃん。来週は元気復活となりますように。
おはよう、チャコちゃん
散歩で見かけるノラちゃんたち。みんな色んな名前で呼んでいます。白黒猫を「ウシねこちゃん」足の色が違うと「ソックス」「タロウ」やら「にゃんこ」やら「にゃんちゃん」やら・・・好き勝手に呼んでますが、当のノラちゃんは我関せず。「タロウはボクだけど・・・」河原にいる黒猫もタロウと呼ばれていました。でも、一致して呼ばれているのが・・・京橋川のアイドル、チャコちゃん。なんでチャコちゃんかわかりません。誰かが最初にそう呼んだらしい。実は男の子なんだけど・・・。朝日を浴びて、今日も多くの人の..
花のアルファー波と黒猫
お花を買うと心が浮き立ちます。合う花瓶を出して、挿していく・・・浮き立ちながらもゆったりと落ち着いていきます。きっとお花にはそういう成分、アルファー波のような物質が出ているのではないでしょうか?朝市で買った利休梅。白が爽やか!私はお花を活けるのが、上手くないと自覚しています。枝ぶりがよく、たくさんのお花や蕾が付いていると切り落とすのがかわいそうな、惨いような気持ちになってしまいます。というわけで、切り落とした枝や花を入れる小さな花瓶や一輪挿しが増えてしまいました。あちこちにち..
命の線引きの結果
~尾道で猫がまさか~
尾道といえば・・・のどかな港町で坂の町。時間がゆったり流れていて、住む人の美意識も高く・・・。そして、ゆっくりした時間の流れを象徴する猫たち。この猫の町・尾道で、あろうことか猫の虐待が報告されています。この画像をアップするには、随分ためらいがありました。ペンキをかけられた猫です。この後保護され、治療のためペンキの付いた毛を剃りました。半分ほどの毛が剃られた写真が新聞に掲載され、かわいそうで怒りが込み上げました。この時期、尾道から猫と桜の写真が多くの人のインスタグラムにアップさ..
行く春、惜しむ春
今年の桜は、まるで駈けるようにしてその季節を終えようとしています。寂しいことです。しかし地面がピンクに染まるのも、風情があります。花見て一杯とばかりに、息子がシャンパンをくれました。さすが我が息子、母の好みを押さえています。嬉しいのでお花を入れました。その横にあるのは、桜の花。娘がホリーの散歩途中で拾って来たものです。嬉しそうに「見て~」と差し出すところは子どものまま。「やれやれ」弊社でも、今日から新人さんが頑張ります。惜しまれる桜の季節ですが、気持ちは前へ・・・。「コロナ禍..
猫たちの新お気に入り場所
本棚を整理整頓。かなりたまってしまい、処分しながら整頓しました。よく目につくところはビジュアル本を・・・。ここは花やオブジェを置こうと思っている場所ですが、ムーが気に入ったみたいです。タロウも気に入った?ここのすぐ下にはパソコンがあり、それに向かっている私を見下ろすのがいいみたい。猫がいないとパソコン操作も寂しいので・・・猫本を置きました。
今年も美しく・・・
毎朝の散歩が楽しみなる、桜の開花。いつも子どもたちと犬猫の健康をお祈りする、お地蔵様の隣の桜も・・・。ジロー、見て、綺麗だから。そっちじゃなくて・・・。配達先の桜も風に揺れて・・・。今年もホリーと一緒に見ることが出来ました。去年より足取りがゆっくりなホリーですが、それでも一緒に見ることが出来ました。
点滴は天敵
今日はホリーの点滴の日。「てんてき」と入力すると、まず「天敵」と変換されることに象徴されているように、ホリーにとって「点滴」は「天敵」です。待合室でブルブル・・・。いい加減慣れようよ。ちょっとホリー、痩せた?痛めている膝には良いのだけど、ご飯もしっかり食べてるのに・・・。ホリーが一生懸命育てたムー。おかあさんホリーより、ずっと大きくなっています。ムーは10歳になってもまだまだ甘えん坊で、ホリーのそばに居たがります。ムーのためにも、ずっと元気なおかあさんでいてあげてね。そのため..
桜にお願い
朝の散歩でお友だちの花ちゃんを、桜の下でパチリ。いいな~、ちゃんとポージングしてくれて・・・。ジローだと、ブレブレになっちゃう。「デヘ」ほめてない!モデルには向いてないのは、わかってますけどね。配達先での桜。もうこんなに・・・。満開が近いです。お願い、ゆっくり咲いて。急がないで。きっと、日本中がお願いしてることでしょう。
子規から西行へ捧げた句
比治山の桜も、間もなく見ごろになるでしょう。今日は少し肌寒く、少し足踏み。それも急いで行く季節を惜しむ私たちにとっては、少しホッとすることです。桜の季節は少しでも長く・・・。見ごろを前に、車両通行の注意を促すコーンが桜バージョンのピンク。そして、それぞれのコーンに桜にちなんだ句が貼りつけてあります。ひとつひとつ、読みながら歩きます。有名すぎる芭蕉の「さまざまのこと 思いだす 桜かな」年を取るにつれ、含蓄深く感じます。浮かれ騒いだ若い花見、しみじみと見上げる年を経た花見。こんな..
ささやかなギャラリーコーナーだけど
我が家の飾り棚の上は、季節の花を飾ったりオブジェを置いたり・・・。玄関と共に、小さなささやかなギャラリーと思って飾っています。現在も「新入り」の丸い花器に春の花。しかし、その横になぜかイチゴの箱が。早く片付けたいのですが・・・。タロウが気に入ってしまった様子。すっかり居座ってしまって、しばらくはこのままです。
ホリーの命を輝かせたい
桜を見上げながら、「来年も一緒に観ようね」とホリーとの約束。若い時は何気ない一言でも、年々その重みは増してきます。祈るような気持ちで「来年も一緒に桜を観よう」と言って、桜前線を待っていました。その中でわかった事実。ホリーは腎臓の数値が良くない状態でした。それよりも深刻なのは、脾臓に腫瘍らしきものが見つかった事。もしこれが血腫であり、破裂したら命の保証はありません。ホリーは爆弾を抱えた状態なのだそうです。脾臓の摘出手術をどうするか、飼い主として判断を委ねられました。ホリーが10..
京橋川沿いの開花宣言と結婚記念日
先日全国一番乗りで開花宣言された広島ですが、「そうなの?」といった感じで実感はありませんでした。でも、京橋川沿いを散歩中・・・チラホラと咲く枝垂れ桜。縮景園のソメイヨシノが標準木ですが、この枝垂れ桜も町内の春を告げる木です。手が届く場所にも・・・。もうすぐこの河原も、春の交響曲のごとく、壮大な桜絵巻が繰り広げられます。娘が「結婚記念日だね」と言いました。そうだった!すっかり忘れてた。3月15日は私と夫の29回目の結婚記念日でした。若い頃もありました(汗)夫は天国で若いままかも..
ひと足お先に
広島では全国に先駆けて、昨日桜が開花したそうです。縮景園にある標準木に、開花した花があったということでしょうが、河原や比治山の桜はまだまだのようです。今日はまた冷たい雨に見舞われ、進む開花状況も少し足踏みというところでしょうか?先日購入した桜。塗り師の方が漆を購入する際入れる漆桶、通称「おぼけ」に根来塗りを施し、花器に見立てて飾っていました。今日は、ひと足お先に満開です。ソメイヨシノとは違い、小さな花ですが、確実に春の訪れを告げてくれました。先日いただいた薯蕷のお菓子。丸くな..